ATS(採用管理システム)比較10選!目的別の選び方とは

執筆者: 三上 on 19/04/08 12:30 |

Share:

ATS(採用管理システム)の比較って正直面倒ではないですか?

みなさんこんにちは!株式会社ダイレクトソーシングの三上です。

 

最近はATS(採用管理システム)についての記事を続けてお送りしていますが、実際に人事・採用担当者の方がATS(採用管理システム)を導入しようとするときにするべきこととは何でしょうか?

このような記事をひたすら読むことでしょうか?

確かにATS(採用管理システム)について機能やメリット、選ぶ際のポイントなどを知ることは大切です。

しかしそれだけではATS(採用管理システム)を導入するところまではいかないですよね。


今回はATS(採用管理システム)の導入に欠かせないフェーズ、「ATS(採用管理システム)の比較」についてご説明します。

具体的にどのようなATS(採用管理システム)があるのか、そして実際に比較してみた結果として何がいえるのかをまとめてみました。

 

1.ATS(採用管理システム)とは

what-is-applicant-tracking-system

ATSとは「Applicant Tracking System」の略で、採用管理システムのことです。

採用管理システムとは、採用に関する情報を一元化、見える化し、採用効率をアップさせるためのシステムです。

例えば複数の経路からの応募者の情報を一箇所にまとめたり、ビデオ面接の動画を記録したりすることなどができ、それらの情報から応募率や選考通過率など選考状況を分析することもできます。

ATS(採用管理システム)の種類にもよりますが、下記のような機能を有しています。

 

  • 求人掲載
  • 応募者管理
  • 採用ページ
  • ビデオ面接
  • 面接スケジューリング
  • 合否連絡の自動メール
  • 分析

 

これらのATS(採用管理システム)の機能を活用することで、企業は以下のようなメリットを得ることができます。

 

  • 単純作業の自動化による選考業務の効率化
  • 個人情報の一元管理およびセキュリティ対策
  • 選考状況全体の可視化および社内共有
  • 求人掲載の簡易化
  • 海外や地方などの遠隔地での採用簡易化

 

※その他、ATS(採用管理システム)のメリットについては「ATS(採用管理システム)のメリットとは?今こそ使うべきATS(採用管理システム)」をご覧ください。

 

様々なメリットを得られるATS(採用管理システム)ですが、日本ではまだまだ導入していない企業が多く存在します。

なぜ導入するのが進まないのかというと、理由は色々とあると思いますがひとつに、業務が忙しく複数のATS(採用管理システム)について調べて比較するのが負担となり、後回しになりがちになっていることがあるのではないかと思います。

しかし比較をせずに導入するATS(採用管理システム)を選ぶのはおすすめできません。

自社の状況に合わせて適切なATS(採用管理システム)を選ばなければ、導入後に使いづらいと感じたり、結局使わなくなってしまったりします。

 

そこで今回の記事では、様々なATS(採用管理システム)について調べ、それぞれを比較してみました。

ぜひ導入するシステムを選ぶ際の参考にしてみてください。

 

2.おすすめのATS(採用管理システム)10選

世の中にあるATS(採用管理システム)の中から、おすすめのシステムを選んで詳しく調べてみました。

 

2.1.改善リクルート(KAIZEN RECRUIT)

KaizenRecruit-Logo1Line-B-4-COLOR-1024

改善リクルート(KAIZEN RECRUIT)は米国Pacific Reach Advisors社のATS(採用管理システム)です。

ATS(採用管理システム)に求める要素として、「自動化」「コストパフォーマンス」「ビデオ面接」「多言語対応」を挙げる方には特におすすめの管理システムです。

主な機能として、

 

  • 採用経路一元管理(求人掲載)
  • 応募者管理
  • 応募者の自動スクリーニング
  • 全自動メール
  • 日程調整自動化
  • カレンダー連携
  • 事前撮影録画面談
  • マルチ言語対応
  • 進捗確認
  • 求人ページ作成
  • 分析

 

などがあります。

自動化できる点をできる限り自動化しているため、改善リクルート(KAIZEN RECRUIT)を導入することで採用効率の改善が図れます。

また管理システムを通じて遠隔地の応募者とビデオ面接を行うことができ、かつマルチ言語対応であるため、海外に在住の人材を採用したい企業にとってはぴったりの管理システムだと思います。

 

>>改善リクルート(KAIZEN RECRUIT)の詳細はこちら<<

 

2.2.HRMOS(ハーモス)

hrmos

HRMOS(ハーモス)は株式会社ビズリーチが販売するATS(採用管理システム)です。

グッドデザイン賞、HRテクノロジー大賞採用サービス部門優秀賞を受賞しており、知名度も高くご存知の方も多いのではないでしょうか。

主な機能として

 

  • 求人掲載
  • 応募者管理
  • 進捗確認
  • 分析

 

などがあります。

「HRテックで採用を強くする」をテーマにしたATS(採用管理システム)で、人事領域もテクノロジーの力で業務効率を改善させることができます。

 

 2.3.ジョブカン採用管理

jobkan

ジョブカン採用管理は株式会社Donustsが販売するATS(採用管理システム)です。

HRテクノロジー大賞奨励賞、日本の人事部HRアワード入賞、ITトレンド年間ランキング採用管理・選考管理システム1位、日本人材ニュース人材コンサルティング会社ガイド100選に選ばれています。

主な機能としては、

 

  • 求人掲載
  • エージェント管理
  • 応募者管理
  • 進捗確認
  • 分析
  • 求人ページ作成
  • カレンダー連携

 

などがあります。

採用管理だけでなく、勤怠管理や経費精算、労務管理などの管理システムも同じジョブカンシリーズにあるので、すでに他のジョブカンシリーズを導入している企業はジョブカン採用管理の導入もハードルが低くていいでしょう。

 

2.4.engage(エンゲージ)

engage

engage(エンゲージ)はエン・ジャパン株式会社が販売するATS(採用管理システム)です。

日本の人事部HR Award2017に選ばれています。

主な機能として、

 

  • 求人掲載
  • 応募者管理
  • 630万人へのスカウト
  • 求人ページ作成
  • SNS連携

 

などがあります。

そしてengage(エンゲージ)の大きな特徴として、これらの基本機能が無料で利用できるのです。

engage(エンゲージ)は採用に予算を多くとれない企業にとって便利なシステムです。

 

2.5.Cycle

cycle

Cycleはengage(エンゲージ)と同様、エン・ジャパン株式会社が提供するATS(採用管理システム)です。

基本機能が無料で利用できるengage(エンゲージ)と異なるのは、有料である点です。

有料である分、機能はengage(エンゲージ)よりも高度な機能が備わっています。

 

  • 応募者管理
  • 応募への自動処理対応
  • 説明会のweb予約
  • エントリーフォーム作成
  • 応募者へのメール送受信
  • 集計、分析

 

などの基本機能があります。

改善リクルート(KAIZEN RECRUIT)の自動スクリーニング機能に似て、自動で応募者を判別し分類分けできる機能があるので、大量の応募がある企業にとっては効率アップがのぞめます。

 

2.6.Zohoリクルート

zoho-recruit

Zohoリクルートはゾーホージャパン株式会社が提供するATS(採用管理システム)です。

顧客管理システムや営業支援システムも販売しているので、知っている方も多いのではないでしょうか。

主な機能として、

 

  • 求人ページ作成
  • 求人掲載
  • 応募者管理
  • SNS連携
  • 候補者直接検索
  • 分析
  • G Suite連携

 

などがあります。

本社がアメリカなので海外ツールで使いづらいのではないかという不安もあるかもしれませんが、2017年に日本語版の提供も開始されたので安心して利用できます。

 

2.7.ジョブスイート

jobsuite

ジョブスイートは株式会社ステラスが提供するATS(採用管理システム)です。

採用の中でもとくに中途採用に必要な機能が備わっています。

主な機能として、

 

  • 求人媒体連携
  • 求人掲載
  • 応募者管理
  • エージェント管理
  • カレンダー連携
  • 分析

 

などがあります。

ジョブスイートは品質と安全について重視しており、プライバシーマーク、情報セキュリティマネジメントシステム、品質マネジメントシステム、ITサービスマネジメントシステムの4つの公的認証を得ています。

 

2.8.HRアナリスト

hr-analyst

HRアナリストはシングラー株式会社が開発・提供、パーソルキャリア株式会社が運営するATS(採用管理システム)です。

HRアナリストが他のATS(採用管理システム)と異なるのは、求人媒体との連携による求人掲載機能のように、母集団形成の時点から利用するツールでなく、応募があった後から利用するツールである点です。

応募者にアンケートを受けてもらい、応募者を8タイプに分類し、それぞれの特性に合ったアプローチ方法を提案してくれます。

 

2.9.マッチングッド

matchingood

マッチンググッドは株式会社ブレイン・ラボが提供するATS(採用管理システム)です。

採用管理以外に、人材紹介システムや人材派遣システムも提供しています。

主な機能として、

 

  • 応募者管理
  • 求人案件管理
  • 進捗管理
  • スケジュール管理
  • データ集計

 

などがあります。

人材会社向けにシステム提供をしてきた実績・ノウハウから作られたATS(採用管理システム)なので、派遣会社から人材を募集したい企業に向いている管理システムではないでしょうか。

 

2.10.スタンバイ・カンパニー

stanby

スタンバイ・カンパニーはHRMOS(ハーモス)と同様、株式会社ビズリーチが提供するATS(採用管理システム)です。

求職者が仕事を探すためのサービス「スタンバイ」で求人を出すための、企業向けサービスがスタンバイ・カンパニーです。

スタンバイ上に掲載する求人を無料で作成でき、そのほかにもスカウト送信やチャットでの連絡機能を有しています。

 

3.ATS(採用管理システム)の比較。おすすめのATS(採用管理システム)は?

さまざまなATS(採用管理システム)をご紹介しました。

それではATS(採用管理システム)を価格、想定地域、無料体験の有無、特徴で比較してみました。

 

製品名

価格

想定地域

無料体験

特徴

改善リクルート

要問合せ

国内・国外

〇(14日間)

自動化、海外採用、録画面接などの豊富な機能

HRMOS

要問合せ

国内

要問合せ

シンプルな機能、知名度

ジョブカン採用管理

無料プラン

or

8,500円/月~

(候補者登録数・プランにより変動)

国内

〇(30日間)

豊富な料金プラン、同シリーズとの連携

engage

無料(基本機能のみ)

国内

-

無料利用可能

Cycle

70,000円/月~

国内

要問合せ

自動化

Zohoリクルート

無料プラン

or

採用担当者あたり25USドル/月

or

50USドル/月

国内・国外

〇(15日間)

G Suiteなどの海外の外部ツール連携

ジョブスイート

50,000円/月~

国内

要問合せ

品質と安全性

HRアナリスト

要問合せ

国内

個別最適

マッチングッド

17,500円/月~

国内

要問合せ

派遣採用

スタンバイ・カンパニー

無料(求人掲載)

国内

-

シンプルな機能を無料で

 

ATS(採用管理システム)を比較してみると、

 

国内だけでなく国外からも採用したい場合

⇒改善リクルート(KAIZEN RECRUIT)

 

無料で最低限の機能を使いたい場合

⇒ジョブカン採用、engage、Zohoリクルート

 

コストは抑えて豊富な機能を使いたい

⇒改善リクルート(KAIZEN RECRUIT)、ジョブスイート

 

無料体験を経て導入を決めたい

⇒改善リクルート(KAIZEN RECRUIT)、ジョブカン採用、Zohoリクルート、HRアナリスト

 

がおすすめだと思います。

もちろん会社の事情によって使いやすいATS(採用管理システム)は違いますので、採用管理システムを比較検討した上で自社に合った管理システムを見つけましょう。

 

4.ATS(採用管理システム)選びで迷ったらご相談ください

弊社では採用に関する支援を提供しております。

採用代行、ダイレクトソーシング(ダイレクトリクルーティング)、採用ブランディング、海外採用など、ATS(採用管理システム)以外についてのご相談も承っていますので、お気軽にご相談ください。

もちろんATS(採用管理システム)についてもご相談ください。

新規CTA

ATS(採用管理システム)

false